読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちねむたい

しがないおたくです

方向性の違い

体調を崩してぶっ倒れています。推しの舞台を見に行くのが今月下旬でよかった。最近の心配ごとは推しがインフルエンザの予防接種を受けているかどうかです。ちなみに担当は既にインフル(済)らしいので逆に安心している。体調にはほんと気をつけてくれ。

 

先日友人と感情の方向性の違いの話をした。方向性の違い。バンドやアイドルグループが解散するときに使いそうなフレーズですね。

わたしかっこいい人が好きなんです。推しや担当を見ているときもここの演技が、ここの表情が、ここのダンスが、ここの台詞の言い方がかっこいいから好きだって思う。かわいいことしてても、それをすることでかわいいっておたくが思うと思ってるその計算が好きだなあって思う。好きな人への感情の方向性がかっこいいだから、その方向性がかわいいに向いている人とはあまりウマが合わない。かっこいいを求める人とかわいいを求める人ってどうしても好きな部分が一致することは難しい思う。わたしはそれもあって同担と考えが合わなさすぎて嫌いなんだけど、同推しはどうだろう。推しが一般的にはかわいいのイメージだから、やっぱり方向性はそっちの人が多いのかな。わたしは推しをかっこいいと思ってるけど、同じくかっこいいって言ってる人だいたい変なりあこな気がするんだよな…。りあこは別にいるので推しはりあこにはなりません。かっこいいかわいいとかわたしの気持ちの方向性抜きにして、推しが伝えたいと思ったイメージや感情をそのまま受け取れるようになりたいと常々思っている。

 ツイッターとかでレポだったり感想書く人もいるけどすごく苦手。ほとんどの場合その人の主観が入るじゃないですか。わたしにはわたしの推しへの感情フィルターを通して見た推しが存在しているから、その人から見た推しの情報や感想って必要ないんです。接触のときどんな会話したとか事細かに書く人もいるけど、あなたの思い出を知ったところでわたしはちっとも嬉しくならないし気持ちの共有なんかできるわけもない。同じものを好きな人たちと、好きを共有する方法がわからない。最終到達点は好きという感情であっても、そこに至るまでの過程が人それぞれだからどう頑張っても共有できないのでは?と思う。わたしは推しとのやりとりはわたしの記憶の中だけで留めておいて、何か面白いことがあれば全てを笑ってネタにしてくれる友人たちにだけ話したい。まあそれは検索するなよって話なんだけどね。自分が行ってない日の公演やイベントの検索をかけることはほとんどしないんだけど、たまに推しの名前で検索かけたり推しのツイにリプしてるアカウントに飛んで色々見たりする。頭のおかしいアカウントは定期的に覗きに行って気持ち悪いなと思ってる。性格の悪いおたく。

 この話をした友人(ジャニオタ)の担当への感情の方向性はひたすらにかわいいだ。他のおたくもだいたいかわいいに向いているからレポを読んでいても楽しいし同担とも仲良くなれるらしい。気持ちの方向性がかわいいになると、何かやらかしてもかわいいという終着点になるから楽だと言っていた。全てを許せるってもはやおたく通り越して母親では。

 

体調以外の近況としては相変わらずあんすたばっかりです。はかぜが欲しいだけなのに10連したらせないず2枚もきて物欲センサーってこわいなと思った。そしてその後もスカウト回してるけどはかぜは全く来ません。なぜだ。