読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちねむたい

しがないおたくです

お金で権利を買えるのはすごいこと

前の記事も他の記事も読んでくださってありがとうございます。バナナキャラメルクッキー食べた?チーズベリークッキーもおいしかったのでよかったらどうぞ。回し者じゃないよ。

 

某さんのクリスマスツアーが発表されてたけど内容がすごい。ばっちりメイクしてるオタク(なんならヘアセットもしてるかもしれない)に水上運動会をさせるとは鬼畜の所業…ウォータープルーフメイク必須じゃん。あと数ある学校行事の中でオタクって運動会が一番嫌いじゃない?(※個人の意見です)わたし大嫌いだった。
ツアーに限らず若手俳優は接触の機会が多い。わたしも推しと何回か握手したり2ショ撮ったりしてる。接触というか推し本人と一対一になるのってこんなに簡単なのかとちょっとカルチャーショックを受けた。だってお金払うだけでいいんだもん。
写真集発売イベントを例にして1冊3000円とする。この3000円が推しと一対一になるための最低金額。いやこれすごくない?3000円払えばだれでも推しと一対一になれる時間が必ず与えられるんだよ?1冊なら握手、2冊ならチェキ、3冊ならチェキもう1枚…そしてこれをループすれば推しとの対面時間はもっと増えていく。これすごく合理的だと思うんだよね。お金をかけた分だけ推しとの接触時間が増えていく。ギブアンドテイク。3000円でやめるか100冊買って延々ループするかは自分次第。

 

なんで若手俳優界では当たり前のことに感心しているかって担当相手じゃそうもいかないからだ。コンサートはまず一対多数が大前提の条件で、その多数の中から担当の目にとまる必要がある。それができてようやく一対一になれる。じゃあ担当の目にとまるために出来ることとは?まあ前列に入ることだと思う。ただいくら可能性としては格段に高くなっても、どれだけ積んで前列に入ってもそれが例え最前列であっても100%じゃない。つまり無いんだよね、必ず一対一になれるっていう保証が。ついでにこれ完全に愚痴になるけど、こっちが買って立ち位置入ってるのにそこいらの前列ご当選したDDにファンサしてたら最高にムカつく。いやあんたのうちわちゃんと持ってる人いっぱいいるからそっち見ろよ。ステージから見ればみんな等しくお客さんだしこっちが好きで買ってるだけだから!?別にいいけど!?(キレ)

 

俳優の同推しが平気な理由もここからきてる。絶対推しと一対一になれる保証があるから他を気にする必要がない。会話内容とか対応の差とかど新規の身からしたら特に気にならないので、わたしは推しと向かい合える時間が確実にあるだけで満足なのだ。自分よりたくさん買ってたくさん接触してる同推しもお金持ってんだなあすごいなあ程度の感想しか…どれだけお金かけるかは自分の自由だもんね。
けど最近はライブパートがある舞台が増えてるからな〜わたし別に推しにファンサしてもらわなくてもいいんだけど。舞台に立って演技していること自体が最大のファンサ。既に推しに認知されている人はそれはそれで色々あるのかな。存在を知られていないオタクでいたいね。平和だし。
余談だけど担当の同担拒否の理由はしぬほど嫌いな同担が担当界隈では一途なすごい人扱いされてるから全員まじ無理ってなりました。しぬほど嫌いな理由はまあ色々あったから。みんなどうかしてるぜ。

 

推しが今出てる舞台がとても好きなのですごくハッピー。東京公演行ってきたけどはやく大阪公演も行きたい。