読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいにちねむたい

しがないおたくです

メサイア 暁乃刻

※ネタバレしてます。抜群にエモい感想で申し訳ない。

 

これ言われたら行くしか…オリエンタル劇場だったら心折れてたんだけど(ある意味東京行く方がマシと思うぐらい遠い)、ピロティだったから助かった。最近ドラマシティとピロティばっかり行ってる。

不安定ながらも強く成長していき、それでもずっと儚さと狂気と美しさを感じさせる悠里が好きだった。白崎と悠里はどんな風に卒業ミッションをやり遂げどんなメサイアになるのだろう、そう思っていた。キャスト発表でざわつき、白崎1人で行われる卒業ミッションと知りまたざわつき、怖すぎて観にいくのを躊躇っていたけど先のツイートと東京公演を観た友人のどうしても観た方がいいとの言葉を受けて行ってきた。

 

間宮が最初から死ぬと決まっていたように白崎と悠里の行く末が果たして最初から考えられ決められていたことなのか、役者の諸々があったからこういうストーリーになったのか。わたしはできれば後者であってほしい。そうじゃなかったら今までの白崎と悠里の会話や出来事全部が苦しい。2人でひとつと言い続けて強くなりお互いが相手のために生きていて、その先に待っていたのがこの運命だったのか。しんどい。後半だいたい泣いていたけれど、白崎がメサイアの掟を言うところがピークだった。ダバダバ泣いた。離れて生きていけるか危うい2人が共にサクラとして生きるにはこの形が最良だったのか。一緒に暁をみた白崎と悠里の2人は、これから1人のサクラとして共に生きていく。最後白崎が走り出した瞬間暗闇になる演出があまりにも最高で興奮したんだけど、ちょっと落ち着いて泣きやんでたのにそのシーンでまた涙が出てしまった。2人でひとつ、これからもずっと悠里は共にいる。それはわかっているのに、それでもやっぱり白崎は1人なんだなぁと思ってしまった。舞台中、カーテンコール、ずっと白崎が1人で立っているのを見て泣いていた。心は共にある、それは理解していても隣に悠里淮斗が立っていないのが苦しくて寂しかった。一緒に並んで、2人揃って生きて卒業してほしかった。

 

あと有賀がいつきって呼ぶところもよく泣いた。有賀と加々美がメサイアになった〜〜〜!と謎の感動。前からメサイアだよ。有賀はチャーチに来て人間になり、それを本人は弱さと言っていたけれどそうじゃなくて。より人間らしくなって弱くなった部分もあるけれど逆に強くなれる部分もある。それをひっくるめて受け入れて加々美と共に強く強くなるんだろうなあと思った。有賀はわりと一旦落ち着いたという印象を持ったんだけど逆に加々美の脆さと危うさが浮き彫りになったような。加々美のおじさんは今回で本当に死んだのか…?あと脳内にあるチップはどうなるのだろう。脳内にチップが埋め込まれているということは、おじさんと過ごしていたときにそれなりに命に関わる手術なりなんなりを受けているんじゃ〜と思うんだけどその辺って今までの作品でなんか言及ありましたかね。覚えてないんだ…。加々美の過去が未だに薄ぼんやりとしかわかっていないので、悠久はそこを絡めた有賀と加々美の卒業ミッションなのかな。そしてそこが詳しく語られるにはまだおじさんの存在が必要な気がするんだが。てかもう卒業すんの!?はやくない!?

サリュートめちゃくちゃかっこよかった。あのビジュアルで一人称僕って。どう考えても好きだろ。おそらく次も有賀と加々美の敵として出るかな?アクション知識とかなさすぎて出演者みんなかっこいいなあすごいなあという小学生でももうちょっと良いこと言えるわ、みたいな感想しか出てこない。有賀とサリュートの戦いが一番見応えがあった。新人もこれからどうなるのか。照る日の社絡みの2人が気になる。

 

 目の前の展開を追うので精一杯すぎて、絶対理解しきれていなかったり解釈間違ってる部分もあるし今まで作品との繋がりも思い出せていないところも多い。もう1回観たい気持ちもあったんだけど、悠里淮斗が死んだという事実を受け入れるのが辛すぎて観れなかった。観劇後すぐは理解が追いついていなくて、家に帰ってから悠里は死んでしまったんだとじわじわ実感して悲しくて泣いた。わたしは悠里がひとりのサクラとして、白崎のメサイアとして生きていく姿を思い描いていたのだけれどそれは悠里淮斗の本質を読み違えていたということで。悠里は本当に白崎を守ることを考えそこに自身の在り方を見出していて、白崎を守れない自分は必要なかったのだろう。白崎はそれを誰よりも理解していたし受け入れていたし悠里を信じていた。ネクロマンサーと融合したとき悠里は自身の人格がネクロマンサーに負けない勝算があったのかが疑問で、まずそこまで考えていたかもわからないんだけど。悠里だからある程度可能性としての自信はあったんじゃないのかなあ。自信というか白崎をずっと守るという執念、執着かな。悠里の人格を取り戻したのは白崎で、やっぱり白崎も悠里もどうしようもなくお互いのメサイアだった。必要なものは目に見えるものではなくそこに在るということ。白崎と悠里だからこそなれたメサイアとサクラの新たな形なのかなと思う。

白崎が「護」なのがもうほんとに…どこまで考えてこの名前なんだよって感じなんだけどこれからも白崎は悠里と共に、悠里に護られたその命をもって生きていくんだろうな。白崎のメサイアスーツとても素敵でした。暁乃刻大千秋楽、卒業おめでとうございます。

 

投稿しようとしたら大千秋楽の様子を聞いてしまい震えている。2人で卒業できたね、おめでとう。

二推しができた話と雑感

推しのおたくをやめようかな〜と以前書いたけど。あれを書いたときは若手俳優のおたくをやめてジャニオタ一本に戻る気でいた。ここ1年ぐらいで複数の友人の担当が退所している。友人達の悲しみにくれる様子を見ていると、数年前のことを思い出した。

その昔、担当だけがいないコンサートに行った。いつも一緒に出てる他のJr.はいるのに担当だけがいない。そのときわたしは身体が震え、動悸が激しくなり、息がうまくできなかった。ボロボロ涙が出た。耐えきれなくてすぐに公演を抜けて担当がいない、と友人に電話で泣きついた。結局それは体調不良により欠席だったのだけれど、あの感覚を再び味わうのがこわくてしょうがない。退所はいつか訪れることだと思っているけれど、その時がきたとき後悔はしたくないなと思う。辞めジュが別事務所でアイドルだったり舞台俳優に転向したりで再び会える可能性もあるけど、大体は一般人に戻ってしまう。だから担当を見に行きたい。

 そんなわけで若手俳優のおたくをやめよう、推しは基本的に数ヶ月に1回大阪公演がある舞台に出るし、その時に観に行く程度にしようと思っていた。が、最近めちゃくちゃ好きな俳優に出会った。何って顔がかわいい。本当にかわいい。え〜〜〜推したい、推そう、と瞬間的に決めた。彼を二推しと呼ぶことにした。そして二推しが見たいからもうちょっと舞台見に行こうと思った。気が変わるのがはやすぎる。

 

昨年から推しがわたしの予想を越えることをしてくる。CD発売、ゲスト扱いではない声優挑戦、ファンサイト設立。CDも思ったより良かったし見る前から否定も批判もする気はないが、これは本当に推しがやりたいことなのだろうか。そうだと思いたいし、やりたいことならば構わないんだけど。舞台に立つ推しが好きなので最終的にそこに還元してほしいなと思う次第。ファンサイトはBBSがあって真剣に笑った。かの昔個人サイトが全盛期だった頃の文化では!?なりきりBBSとかあったよね。懐かしい。歳がバレそうなのでこれ以上はやめますが、突然どうしたんだ推し…という気分でいっぱいです。推しに理想と夢と期待を抱いているおたくなので、それに沿わないとモチベーションがだだ下がってしまう。推しは毎回お仕事に真摯に向き合って取り組んでいるのについていけなくてごめんね、と思う。勝手な人間だよなあ。

 

そんなわけで今は二推しに癒されている。顔がかわいい!好き!顔がいいってやっぱり相当なアドバンテージだなあとしみじみ思った。顔が好きだと大体のことが許せる。はやく二推し見に行きたい。

ミュージカルしゃばけ

書くのが遅くなった…節分祭を全力疾走してたからです。さくまれいこわい。

 

こういう時代物のミュージカルを観たことがなくて、曲調とか歌詞とかどうするのかな〜と疑問だったけどだいぶ現代風に寄ってた。というか全曲良かったです。長崎屋の曲と我ら妖〜の曲がすごく頭に残る。ストーリーだけを見るとだいぶシリアスだけど、曲調と演出で明るくあたたかい方向に持っていってたと思う。

一番印象に残ったのは墨壺。護符の入った香を嗅いで力が封じられ、一太郎がとどめを刺そうとしたときの表情と自ら刀を引き寄せる姿がめちゃくちゃ好きだった。悲しくて泣いた。

墨壺との対峙の最後、お前は本当にに長く大切にされ愛されてきたんだね、と墨壺に話す一太郎の声が愛情と優しさに満ちていてとても素敵だった。一太郎は周りの人にすごく愛され箱入りすぎるぐらい大切にされているけれど、自分からもたくさんの愛情と優しさを与えられる人だと思う。原作の一太郎も身体は弱いが自分の考えははっきりしていてじっとしているだけの子ではなかったけど、推しが演じるとそれが顕著だった。あの一太郎は強い…(笑)演技どうこうじゃなくて推しの生命力の話。

 

それと衣装がものすごく好きだった。元々舞台衣装とヘアメイクは重視して見ている。一太郎の着物が薄青緑っぽい色だったけど、無地じゃなくてぼやっとしたチェック柄みたいな感じで綺麗だったし(語彙力の無さがひどい)、羽織が細かいレース編みだった。あのレースの羽織がめちゃくちゃ好きで5列ぐらいから双眼鏡使って柄を見た。

佐助と仁吉が妖として出てくるときの毛皮の上着もかっこよくて好きだった。屏風のぞきの赤と白のブロックチェックの着物も鮮やかでかっこよかったし足袋まで赤と白で細かいなぁと思った。衣装が華やかだと気分が上がる。墨壺の黒一色だけど後半になるにつれてどんどん装飾が増える衣装も好きだった。

 

終わってすぐ第2弾の発表がされてびっくりしたけど、推しの口から第2弾決まったとか出演とかの話を聞いていない(気がする)から出ないのかな〜妖にスポットを当てるようだし…おもしろかったからまた出てほしいところである。

 

 

 

 

あんさんぶるスターズ!オン・ステージ 〜Take your marks!~

見てきました。ネタバレします。ちなみに前情報としてわたしは双子Pで羽風りあこです。

 

とりあえずストーリーの進まなさにびっくりした。DDD始まってすらいない(笑)観劇後メインストーリー読み返したんだけど、トリスタが解散令出されてからDDDまでってそんなに話数使ってないんだよね。紅月が出場しない流れはゲームではDDDが始まってから雑務に追われる紅月と真緒のシーンで明かされることだし、北斗がfineの練習に参加するシーンもないし(あったら完全に見逃してるので誰か教えてください)メインストーリー通りでいくなら実際あの期間でライブしてるのアンデとfineのB1だけだし。ただトリスタの初戦の相手はナイツで今回いないからDDD始められなかったんだよな〜ナイツが出なかったのはスケジュールの都合なのか話を引っ張りたかったからなのかはわからないけれど、苦肉の策でできた脚本だなあと感じてしまった。DDD用の新曲練習→トリスタは見学って流れがワンパターンでもうちょっとなんか考えてほしかった。ただそれぞれのシーンはわりとゲーム通りだしオリジナルシーンも良かったと思ったので、繋げ方が難ありだったのかな…。

そんなわけで前回の振り返り含めライブシーンが多くなったと思うんだけど、どのユニットもパフォーマンスはすごくよかった。特に流星隊。流星隊すげええええもりちあすげええええって大感動してしまった。マイク通して息の音が聞こえるあたりがすごくもりちあだった。双子は前作からキャラ作りもパフォーマンスもすごく上手だと感じていたけど桃李もだった。キャスコはすごいな。羽風はもうほんとうにほんとうにかっこよかったです。ありがとう大好きだ。トリスタサイドのDDDができないならfineサイドのDDDやってもよかったんじゃないかなあ。fine対流星隊が見たすぎる。

あんステは場数を踏んでるキャストとそうでないキャストのバランスが絶妙だなあと思う。高校生アイドルという設定と舞台経験の少ないキャストが上手く融合して本当に舞台上の人を応援するという空気ができていた。そしてその中に抜群にオーラがある人がいるのがなんというかあんさんぶるスターズらしい気がした。キャストの皆さん楽しませてくれてありがとう。正直ステにここまで愛着がわくとは思っておらず嬉しい誤算。しかし客席降りが多いのはこの舞台をやっていく上で1つの売りにしないといけないことだし曲で客席を練り歩くのはいいんだけど、芝居で通路演出が多いのは控えめにしてほしい。プレミアムで見たけどあまりにも見にくい。あとプレミアム特典な!A3のクリアファイルって初めて見たわ。それなら金平糖くれ。金平糖おいしかったし持ち運びに困らない。

 

わたしはあんすたもあんステも大好きなので次に繋がってほしいし(あの終わり方で繋がらないのは辛すぎるが)最後の最後みんな笑顔で終われるまであんステを見続けていきたい。なので不満点は全部マーベラスのアンケートに書く!ぬいぐるみは禁止にしよう!盗撮問題とかもそのうち出てくるしまず普通に邪魔だ!!!

大千秋楽も見たかったけど推しの舞台に行っていたので円盤発売を楽しみにしています。しゃばけもとても良かったのでまた感想書きます。

 

明日から推しイベです。こみなみさんが戦いましょうって言ったようなので戦います。それでは。

次では遅い

自分の応援してる人が明日もこれから先も表舞台に立っているとは限らないですね。わたしはその昔入ったばかりのジャニーズJr.の子が好きで見に行っていました。これから先も見ていたいなと思った矢先、その子は入所1年経たずして事務所を辞めてしまいました。好きだった子がいなくなってしまう経験をしたのはそれが初めてだったので、それ以来本当に好きな人はちゃんとその瞬間のお仕事を見に行かないとと思うようになりました。

 

ヘタミュとメサイアで彼の演技を見ていたけれど、素敵だなと思っていた。ヘタミュは続編もぜひやってほしいしそのときは彼に演じていてほしいとすごく思ってるけど、こればっかりはわからないですね。メサイアも護と淮斗ちゃんと卒業してほしいんだけど…。ともあれ彼のこの先のお仕事が彼の望むものであることを祈ります。どういう配分でやっていくのかわからないけれどたまには舞台のお仕事もしてくれると嬉しい。

 

お金が貯まったら、大学生になったら、就活が終わったら、自由な時間ができたら。色々な理由で直接見ることを先延ばしにしてしまうことってあると思うけど、次がある保証なんてどこにもない。見たいなら見たいと思った瞬間に!後から嘆いても遅いしその人は表舞台には二度と現れないかもしれないぞ!

 

こんなことを書きながらわたしは推しを推すのをやめようと思っている。今週やっと2017年初推しだけどこれが推しのおたくとしては最後かな〜 。

方向性の違い

体調を崩してぶっ倒れています。推しの舞台を見に行くのが今月下旬でよかった。最近の心配ごとは推しがインフルエンザの予防接種を受けているかどうかです。ちなみに担当は既にインフル(済)らしいので逆に安心している。体調にはほんと気をつけてくれ。

 

先日友人と感情の方向性の違いの話をした。方向性の違い。バンドやアイドルグループが解散するときに使いそうなフレーズですね。

わたしかっこいい人が好きなんです。推しや担当を見ているときもここの演技が、ここの表情が、ここのダンスが、ここの台詞の言い方がかっこいいから好きだって思う。かわいいことしてても、それをすることでかわいいっておたくが思うと思ってるその計算が好きだなあって思う。好きな人への感情の方向性がかっこいいだから、その方向性がかわいいに向いている人とはあまりウマが合わない。かっこいいを求める人とかわいいを求める人ってどうしても好きな部分が一致することは難しい思う。わたしはそれもあって同担と考えが合わなさすぎて嫌いなんだけど、同推しはどうだろう。推しが一般的にはかわいいのイメージだから、やっぱり方向性はそっちの人が多いのかな。わたしは推しをかっこいいと思ってるけど、同じくかっこいいって言ってる人だいたい変なりあこな気がするんだよな…。りあこは別にいるので推しはりあこにはなりません。かっこいいかわいいとかわたしの気持ちの方向性抜きにして、推しが伝えたいと思ったイメージや感情をそのまま受け取れるようになりたいと常々思っている。

 ツイッターとかでレポだったり感想書く人もいるけどすごく苦手。ほとんどの場合その人の主観が入るじゃないですか。わたしにはわたしの推しへの感情フィルターを通して見た推しが存在しているから、その人から見た推しの情報や感想って必要ないんです。接触のときどんな会話したとか事細かに書く人もいるけど、あなたの思い出を知ったところでわたしはちっとも嬉しくならないし気持ちの共有なんかできるわけもない。同じものを好きな人たちと、好きを共有する方法がわからない。最終到達点は好きという感情であっても、そこに至るまでの過程が人それぞれだからどう頑張っても共有できないのでは?と思う。わたしは推しとのやりとりはわたしの記憶の中だけで留めておいて、何か面白いことがあれば全てを笑ってネタにしてくれる友人たちにだけ話したい。まあそれは検索するなよって話なんだけどね。自分が行ってない日の公演やイベントの検索をかけることはほとんどしないんだけど、たまに推しの名前で検索かけたり推しのツイにリプしてるアカウントに飛んで色々見たりする。頭のおかしいアカウントは定期的に覗きに行って気持ち悪いなと思ってる。性格の悪いおたく。

 この話をした友人(ジャニオタ)の担当への感情の方向性はひたすらにかわいいだ。他のおたくもだいたいかわいいに向いているからレポを読んでいても楽しいし同担とも仲良くなれるらしい。気持ちの方向性がかわいいになると、何かやらかしてもかわいいという終着点になるから楽だと言っていた。全てを許せるってもはやおたく通り越して母親では。

 

体調以外の近況としては相変わらずあんすたばっかりです。はかぜが欲しいだけなのに10連したらせないず2枚もきて物欲センサーってこわいなと思った。そしてその後もスカウト回してるけどはかぜは全く来ません。なぜだ。

2017年の目標

あけましておめでとうございます。新年ということで2017年の目標を考えてみた。

 

①資格試験に合格する

昨年からとある資格の勉強をしていて、正直そこまで本腰入れてなかったんだけど上司からプレッシャーをかけられ合格せざるを得ない状況に。まあ期待されているからこそであり自分のスキルアップに繋がるので頑張るかな〜年内合格が目標。

 

②遠征は月2回まで

月1回にしなかったのは担当と推しの両方を見にいく可能性を考慮して。2人とも見たいから遠征1回に絞るのは難しい。先月は東京→次の週名古屋→その次の週また東京、みたいなことしてたからそれはやめようねってことで。体力的にも結構限界だったし。

 

③課金をしすぎない

いやほんとこれな。課金やめたいんだけどほしいカードがあるからやめられない。取り敢えず年10万以下に抑える…予定…。

 

④感想を書く

見た舞台については一言でもいいから感想を残していきたい。

 

①の試験勉強の件もありオタク活動は控えめにするつもり。というか来年もずっと勉強とかしたくないので今年でケリをつけたい。

推しは今年もたくさん仕事するだろうしそれを選んで見に行くのは悲しいし悔しいけど、自分の人生をないがしろにして推しを追うのはちょっと違う気がするし、今年は自分のために頑張ってみようと思います。たまに推しを見に行って元気を貰おう。

それでは今年もどうぞよろしくお願いします。